大学院専攻の特色


6つの魅力

情報・通信・エネルギー・環境・医療等の多岐にわたる分野で望まれている画期的なデバイス・材料の創製とそれらの性能を極限まで高める為の理論・シミュレーション研究に挑戦しています.
充実した研究設備・環境のもとで,世界トップレベルの多くの研究者が次世代の科学技術を創造するために研究を行っています.
東北大学の金属材料研究所,多元物質科学研究所と協力して研究を進めているほか,国内外の大学・研究所または企業と多くの研究プロジェクトを推進しています.
研究者の育成・支援を目的としたグローバルCOEプログラムに2件採択されています.また,研究・講義の補助を行なうことで給与を受けられるRA・TA制度,各種奨学金等の支援体制が充実しています.
講義では,学部よりも一歩進んだ量子論,材料学を系統的に学ぶことができます.また,研究室間の壁がなく,自分の研究分野以外の研究内容についても幅広く吸収することができる環境です.講義の詳細は、シラバスをご覧ください。
あらゆる科学技術の応用物理化が進む中で,応用物理を学んだ学生への期待が非常に高まっています.本専攻の大学院修了学生の就職率は工学研究科内でトップクラスです.
!! 卒業生の声学生生活もご覧ください.




代表的な研究テーマ

スピンエレクトロニクス素子の開発
生物分子モーターの理論的研究
光物性・超伝導・強相関量子系の理論
ナノ結晶化ガラスの開発
新規磁性体の提案・スピンの動力学の解明
高効率熱電変換材料の開発
新規超伝導材料の創製
細菌の運動とべん毛モーターの光学顕微計測
強磁場下の物性研究
半導体材料の開発— システム変革を目指して—
ナノサイズ磁気デバイスの創製
広視野・高分解能軟X線顕微鏡の開発と応用
電子運動の可視化による分子反応の研究
光と電子系の融合デバイス研究
スピントロニクス材料の開発




応用物理学専攻修了後の進路

  応用物理学専攻の修士課程修了学生の90%程度は就職し,それ以外の学生は博士課程に進学して研究者への道,もしくは,より自分の専門性を生かせる企業への就職を目指します. 修士課程修了学生の就職先は,エレクトロニクス,IT関連メーカーが多数を占め,毎年40名程度の就職希望者に対して,各分野から200名以上の求人があります. また,ソフトウェア,自動車,材料,化学などの,電気メーカー以外の幅広い分野の企業に就職できるのは当専攻の大きな特長です. 過去6年間の就職状況について、以下のニュースレター「おうぶつ」の記事にて紹介しています.

平成27年度就職状況おうぶつ22号より)
平成26年度就職状況おうぶつ19号より)
平成25年度就職状況おうぶつ16号より)
平成24年度就職状況おうぶつ13号より)
平成23年度就職状況おうぶつ10号より)
平成22年度就職状況おうぶつ7号より)
平成21年度就職状況おうぶつ4号より)
平成20年度就職状況おうぶつ1号より)






代表的な研究テーマ

スピンエレクトロニクス素子の開発
 次世代の情報化社会を構築するためには,革新的な電子デバイスの創製が必要不可欠です.その為に,電子の持つ電荷としての性質に加えて, スピン(微小磁石)としての性質を積極的に利用した超機能スピンエレクトロニクス素子の開発を行っています.(安藤研究室 Webサイトへ


生物分子モーターの理論的研究
 私たちの筋肉を動かしているのは,大きさが10ナノメートルほどのタンパク質分子機械(分子モーター)です. 将来のナノマシンの設計に役立てるために, 分子モーターがどのような仕組みで動くのかを,物理法則とコンピュータを使って,理論的に究明することを目指しています.(佐々木研究室 Webサイトへ


光物性・超伝導・強相関量子系の理論
 メタマテリアル,フォトニック結晶という,微細加工構造体からなる人工物質の存在が実証され,光と物質の相互作用の研究はまさに新世紀を迎えています. また,冷却原子気体や高温超伝導体の実現・発見に触発され,強相関量子系の理論的研究もますます盛んになっています.これらの系に対する理論的研究および新規数値計算法の開発を行っています. 基礎物性研究室 Webサイトへ


ナノ結晶化ガラスの開発
 大容量の情報を高速かつ高効率で通信するためには,光を自在に操る為の高機能な光学素子が必要不可欠です.その為に,従来の単結晶光学素子を,性能・コスト両面で遥かに凌駕する,特殊なナノ結晶化ガラスの開発研究を推進しています. (藤原研究室 Webサイトへ


新規磁性体の提案・スピンの動力学の解明
 
磁性体の磁気的性質を電子論的立場から明らかにすることで,新規磁性体の提案・設計を図ります.また,電子に備わっている電荷とスピンを融合した新たなデバイスを提案するため, スピンと伝導現象のからみやスピンの動力学などを解明することを目指しています.佐久間研究室 Webサイトへ


高効率熱電変換材料の開発
 身のまわりの熱から電力を取り出す熱電発電は、エネルギー資源の枯渇や地球温暖化現象の解決に大きな貢献をすることが期待されています. 私たちは様々な温度の排熱を利用した熱電発電の普及を目指し、高効率の熱電変換材料の開発を推進しています 宮﨑研究室 Webサイトへ


新規超伝導材料の創製
 エネルギー・環境問題を画期的な材料によって解決することが求められています.そのために,電気をロスなく伝えることが可能な室温超伝導体の創製を目指しています. 小池研究室 Webサイトへ


細菌の運動とべん毛モーターの光学顕微計測
 細菌の運動は,イオン駆動型の回転分子モーター(べん毛モーター)により推進・制御されています.人工ナノマシンの設計基板として期待されるべん毛モーターの作動原理や細菌運動のメカニズムを解明するため, 1分子・1細胞レベルの光学顕微計測を行っています.工藤研究室 Webサイトへ


強磁場下の物性研究
淡路研究室 Webサイトへ


半導体材料の開発 — システム変革を目指して—
 青色LEDで知られている窒化物半導体(InGaAlN)の薄膜結晶成長技術と物性を研究しています.照明や表示用の高効率発光素子,光通信の波長多重度を一桁向上できる温度安定性に優れた光源, 高効率光非線形素子,高出力・高周波トランジスタ,超高効率太陽電池などへの素子応用を鑑み,薄膜成長から素子作製まで一貫して行える設備を整え,研究を進めています. 松岡研究室 Webサイトへ


ナノサイズ磁気デバイスの創製
 先端デバイスの構成要素はナノメートル領域に入りつつあります.そのような微小領域における磁性体の特異な構造,物性,そして振舞いを明らかにし, それらの知見を基に将来に向けた超高密度メモリなど新しい磁気デバイスの創製を目指しています.北上研究室 Webサイトへ


広視野・高分解能軟X線顕微鏡の開発と応用
 多層膜反射鏡を用いた軟X線顕微鏡は,使用する波長が短いため,30nmの超高分解能が得られるだけでなく,光学顕微鏡と同程度の広視野観察が期待できる. このような新機能顕微鏡の開発と生物試料等への応用を研究しています. 高田研究室 Webサイトへ


電子運動の可視化による分子反応の研究
 自然界の現象の多くは,分子反応です.そうした反応の微視的理解と新しい材料や反応場の設計指針を得るために,電子の運動が時々刻々と変化する様を動画撮影する物理的計測法の開発を行い, 分子の反応性・機能性の核心に直接的に迫ることを目指しています. 髙橋研究室 Webサイトへ


光と電子系の融合デバイス研究
 まだ実現されていない波長の光を発生する高輝度発光ダイオードや、少ない投入電力で動作する波長と位相の揃ったコヒーレント光源を実現するには、電子と光の性質を操る事が必要です. そのため、紫外線を発生できる材料やデバイスの研究を物理学に基づいて推進しています. 秩父研究室 Webサイトへ



スピントロニクス材料の開発
 将来の情報通信デバイスを実現するため、新しい無機磁性体や有機・無機磁性体界面を開発しています. また、それらの示す光・スピン・電荷の織り成す複合的な物理現象を超高速光などを用いて研究することで、新規スピントロ二クスデバイスの開発を進めています. 水上研究室 Webサイトへ



東北大学大学院工学研究科
応用物理学専攻
ビルダークリニック

〒980-8579
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-05