東日本大震災 被災復旧状況報告・寄付金の募集


東日本大震災からの復旧について

 平成23年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震による災害(東日本大震災)により、工学研究科応用物理学専攻では6研究室と専攻内の共通施設が入居しておりました電子情報システム・応物系1号館が改修不可能な程度まで崩壊するなど、甚大な被害を受けました。同窓生の皆様には応用物理学専攻の被害状況が如何ほどであったかの情報がなかなか手に入りづらく、ご心配に思われている方も少なからずおられることと思われます。このようなことから、応用物理学専攻の被災および3ヶ月経過しての復旧状況に関して、以下のファイルの通りご報告いたします。

応用物理学科被災復旧状況報告(PDF, 1.1MB)

     
 講義風景 学生実験  ソフトボール大会 


東日本大震災寄付金の募集について

 平成23年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震による災害(東日本大震災)により、工学研究科応用物理学専攻では6研究室と専攻内の共通施設が入居しておりました電子情報システム・応物系1号館が改修不可能な程度まで崩壊するなど、甚大な被害を受けました。これにより、学生の学習および研究環境が大きく損なわれております。このような状況から、多くの同窓生の皆さまから援助のお申し出をいただいており、心から感謝しております。
 これらのお申し出に対処すべく、応用物理学科同窓会としては「応用物理学科同窓会震災寄付金」を開設し、寄付金を募集することとしました。いただきました寄付金は、応用物理学専攻の学生の学習および研究環境の回復のため、大切に活用していただくこととします。皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。詳細については、以下のファイルにてご確認いただければ幸いです。

東北大学工学部応用物理学科同窓会 東日本大震災寄付金の募集について(PDF, 172KB)

寄付金申込書(PDF, 68KB)

東北大学大学院工学研究科
応用物理学専攻
ビルダークリニック

〒980-8579
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-05