研究室ロゴ




日本語ページ English page お問い合わせはこちら

持続可能な社会を目指して・・・

私たちの研究室では、省エネルギー化と低炭素社会を実現するために、 熱電変換材料、超伝導体、イオン電池材料、太陽電池材料、誘電体を創製しています。 これらの材料の単結晶試料や多結晶試料を合成して、X線・放射光X線・中性子線を用いた回折実験によって結晶構造を解析し、 電気抵抗率、ゼーベック係数、熱伝導率、帯磁率等の物性測定を行って、高機能・多機能材料の開発を進めています。


更新情報・お知らせ

  • マグネシウム錫化合物の点欠陥に関する論文がScientific Reportsに掲載されました。(2020年2月)
  • 忘年会の写真を公開しました。(2019年12月)
  • 駅伝大会、応用物理学会東北支部の写真を公開しました。(2019年12月)
  • 研究成果に第74回応用物理学会東北支部を掲載しました。(2019年11月)
  • マンガンテルル合金の格子熱伝導率に関する論文がACS Applied Materials & Interfacesに掲載されました。(2019年11月)
  • スピンクロスオーバー錯体に関する論文がRSC Advancesに掲載されました。(2019年11月)
  • サイズ効果を利用したビスマステルルの熱電特性に関する論文がJournal of Electronic Materialsに掲載されました。(2019年11月)
  • ソフトボール大会の写真を掲載しました。(2019年10月)
  • 応用物理学専攻では、博士課程前期2年の課程の第2次募集を行っています。詳しくはこちらを参照ください。(2019年10月)
  • 研究室のメンバーを更新しました。(2019年10月)
  • 夏旅行の写真を掲載しました。(2019年9月)
  • 熱電学会、夏ゼミの写真を掲載しました。(2019年9月)
  • 修士2年の齋藤啓介さんが第16回日本熱電学会学術講演会において優秀ポスター賞を受賞しました。(2019年9月)
  • 研究成果に第16回日本熱電学会学術講演会と第80回応用物理学会秋季学術講演会を掲載しました。(2019年8月)
  • 研究成果にNCM14とECT2019を掲載しました。(2019年8月)
  • 過去の更新情報・お知らせ
カウンター