English


東北大学応用物理

 現代の科学技術の発展において、理学と工学の融合は不可欠であり、20世紀のエレクトロニクスが量子力学の発見と物質科学の進歩によって築き上げられたことは周知のことです。 そして今日、エネルギー、環境、バイオ、情報、医療技術など様々な分野において、さらに画期的な機能デバイスやそれを支える材料の開発が切望されています。 それを実現するためにはナノサイエンスとナノテクノロジーの深耕が必須であり、量子力学を中心とする基礎科学と物質工学の両方に軸足を持つ応用物理学の役割がますます重要性を増してきています。 私たち応用物理学専攻・応用物理学コースは、これからの社会に対応できる人材の育成と社会が必要とする科学技術の発展を目指して、物理学の基礎から工学応用まで、組織的な教育・研究を行っています。

応用物理学科創立50周年記念誌・DVDの購入に関するページはこちらです.
応用物理学科創立50周年記念誌、学位論文題目(修正版)のダウンロードはこちらから.
東日本大震災からの復旧状況,応用物理学科同窓会震災寄付金に関するページはこちらです.



新着情報

 研究トピック・受賞・プレスリリース

【2021年6月15日】生物物理工学分野 鳥谷部研究室 修士2年の伊藤健太さんが,第1回発動分子科学研究会で優秀ポスター賞を受賞しました.詳しくはこちらをご覧ください.
  
【2021年5月18日】光物性分野 藤原研究室 修士2年の木下大也さんが,日本セラミックス協会2021年年会で優秀ポスター発表賞 最優秀賞を受賞しました.「動的熱制御幅の向上を指向したマグノン熱伝導性ナノシートの創製」
  
【2021年5月11日】機能結晶学分野 宮ア研究室は,東北大学−住友金属鉱山株式会社ビジョン共創型パートナーシップの支援のもと,茨城大学,名古屋工業大学,広島市立大学,日本原子力研究開発機構,J-PARC センターとの共同研究で,化学的圧力で単結晶の欠陥を制御して最低熱伝導率を達成しました.詳しくはプレスリリースをご覧ください.
  
【2021年4月23日】生物物理工学分野 鳥谷部研究室 中村修一助教が琉球大学,OISTとの共同研究で,運動性細菌が臓器組織を破壊して引き起こす感染症の仕組みを明らかにしました.詳しくはプレスリリースをご覧ください.
  
【2021年4月9日】機能結晶学分野 宮ア研究室は,東北大学−住友金属鉱山株式会社ビジョン共創型パートナーシップの支援のもと,溶融合成したZn4Sb3熱電変換材料のクラック生成・消滅機構を解明しました.詳しくはプレスリリースをご覧ください.
  
【2021年4月1日】多元物質科学研究所 量子光エレクトロニクス研究分野 秩父研究室 小島一信准教授が,IOP Publishing (Institute of Physics Publishing 英国物理学会出版局)からOutstanding Reviewer Awardを受賞しました.詳細はこちら(今後掲載予定)をご覧ください.




 お知らせ・教務関係

【2021年7月2日】MC・DC論文関係に関して情報を更新しました.(MCDC

【2020年5月1日】生物物理工学分野 中村修一先生が准教授に昇任されました.

【2020年4月1日】生物物理工学分野 鳥谷部祥一先生が教授に昇任されました.




 集中講義・セミナー

【2021年6月15日】応用物理学セミナー [pdf,186kB] が7月16日に開催されます.講演題目は「強磁性トンネル接合の信号ノイズ比向上と高感度磁気センサへの応用」,金 珍虎 助教(スピンエレクトロニクス分野)です.

【2021年6月8日】電気情報物理工学科特別講義,応用物理学特別講義A・B(集中講義)に関して詳細が掲示されました.受講希望者は履修登録を行ってください.






[ 過去の更新情報 ]

東北大学大学院工学研究科
応用物理学専攻

〒980-8579
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-05